フランス

花の都、フランス・パリ。フォーブル・サントノーレ24 番地[Hermes, Faubourg Saint-Honore]にエルメスの本店がある。日本以上のエルメスブームはもちろんのことだが、その人気はバッグであり、その中でも一際人気があるのはケリー・バッグ[KELLY BAG]。その上質さは、アトリエでの制作風景から伺える。パリから自動車で約30分の[パンタン]という小さな街に、アトリエ・エルメス[LES ATELIERS HERMES]がある。革は「革保管部[Reserve Cuir(フランス語では"Re"の"e"にアクセントがある)]」で保存される。世界中から上質の革が取り寄せられている。ここでは、温度や湿度に細心の注意を払って保存をしているという。革の保管は難しいのである。

革が使われるとき、革のどの部分を使うかも重要である。牛革はショルダー(首に近い部分)、バット(背中)、ベリー(腹に近い部分)に分けられるが、エルメスに使われるのは丈夫なバット部分だけである。この牛革も、1万頭から30枚しかとれない、無傷なものを使わなければならない。また、オーストリッチ[ostrich] つまりダチョウの場合も、大きな突起のある部分しか使わないという。ダチョウの革の突起というのは、毛穴部分で、羽のある部分にしかない。そして、アリゲーター[aligator]の場合、大きな模様のある部分しか使わないのだ。普通、アリゲーター革の模様の中心をセンターに、左右対称になるように切り抜く。つまり、1つのバッグを作るのに、2匹のワニが必要になる。そのため、何十年程度では駄目にならないほど丈夫だ。これは、当初作っていた丈夫な馬具を作っていたためだろうし、馬具といったらエルメスというほど評判で、かのナポレオン3世や、ロシア皇帝ニコライ2世も愛用していたようだ。

やがて、19世紀に入り自動車が発達すると、3代目社長エミール・モーリス・エルメス[Emile-Maurice Hermes]が『馬具からバッグ』の制作を開始した。エルメスは、馬具作りの経験を生かし、女性用のバッグや財布を手がけるようになったのである。 1903年、フォード社が自動車を販売開始したちょうどそのころである。エミールの決断は正しかったのだ。エミールには、自動車メーカーの友人がおり、移動手段の転換時期を察したのではないだろうかと考えられる。アトリエ・エルメスの屋上にはHERMES/SELLIER(鞍屋エルメス)が残っており、今でも完成まで1つ27時間かけて馬具を作り続けている。これはエミールの願いであった。エミールの死後、彼の部屋はまだ残されているという。


⇒もっと詳しく見る



⇒もっと詳しく見る
| hermes

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。