宇宙船

エルメスの名前はこのようなところにも使われています。
フランスではエルメスは特別な名前なんでしょうね。

エルメス(ヘルメス)は、フランス、後に欧州宇宙機関 (ESA) がかつて計画していた再利用型の有人宇宙往還機。いわゆる欧州版スペースシャトルといわれるもの。

1980年代よりフランスの宇宙機関が独自に計画していたが、欧州宇宙機関の発足と、独自開発には予算がかかりすぎることから、欧州の共同開発という形をとった。全長は15メートルほど、乗組員は2〜3名で、打ち上げ用に新たに開発された「アリアン5型ロケット」のペイロード(積荷部分)に連結して発射するもので、すでに様々な青写真は出来上がっており、国際宇宙ステーションにもこれで参加することも視野に入れていた。しかし、1990年代に欧州全体に吹き荒れた不景気によってESAは資金難となり、多額の開発費がかかるこの計画を断念した。打ち上げ用に開発した大型ロケット「アリアン5」は、その巨大な打ち上げ能力を持って、アリアンスペース社の主力ロケットとなり、大型商業衛星の打ち上げを行っている。またESAは、国際宇宙ステーションにアメリカ合衆国のスペースシャトルを使用して参加している。


⇒もっと詳しく見る


⇒もっと詳しく見る
| hermes

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。